PCMAX体験談

夏休みは幼い女子大生の心のスキマを狙おう!の巻w

夏休み 女子大生
夏休み

いい響きです。

出会い系マニアの私としては7月の声を聞くあたりからそわそわしてきます。

多くの大学で試験期間が明け、秋近くまでの長い夏休みを迎えることになるからです。

特に私の場合、新入生として大学に入学し初めての夏休みを迎える地方から出てきた女子学生に狙いを定めています。

ご理解いただけると思いますが「期待を持って都会に進学したのに楽しいことがなんにもなくて、フラストレーションを溜めている地方出身の女子学生」は、事実として毎年都市部に大量発生してるんです。

暇だし、他の友人が楽しんでたりするとへこむし自分も羽目は外したい、でも機会はない。で、知り合いもおらず人目を気にせずに済む気の緩みもあってつい出会い系に手を出す。

不安はあるけれど予備知識がないから、初めて会った相手次第で何でも受け入れてしまう。

・・・つけこまない手はありませんよね?

おじさんですが女子大生喰ってますww

女子大生 ひろみ

申し遅れました、私は40過ぎのおっさん会社員です。

独身で時間を持て余してるのをいいことに、夏休みはそんな女子学生を毎年何人かずつは喰っています。

もちろん狙いを定める前には、当たりを見きわめるまで多くのタネを蒔き、じっくりリサーチしていく忍耐力が必要ですが、それでもコツさえ掴めばわりと簡単にいけます。

昨年一番の上玉は、郊外で駅からも少し離れた場所にある、共学の某大学の1年生でした。

寂しいので話し相手になってください、というシンプルな投稿。

ごまんとあるパターンですの中から見つけ出したその子は、まだ18歳。

名前はひろみと言いました。

紳士的なメッセージを送り、ポイントをつぎ込んで警戒心を解くべくじっくりやりとりを重ねます。

  • 某県田舎町の高校卒、将来就きたい仕事に向けて勉強したいとの親に宣言して進学。
  • そのためふだんの学生生活はまず勉学最優先。
  • サークル入るとかも考えたが、チャラそうな人ばっかりそうで嫌になり何も入ってない。
  • 日常生活に必要な仕送りは実家からしてくれているので最低限困らないからバイトもしてない。
  • ていうか友だちがまだ出来てないのでいろんなことに手を出すのも不安、怖い。
  • だから授業以外の時間は家に閉じこもっていて、寂しくていつの間にかこのサイトにきちゃった。

キャンパスの近くのマンションに一人暮らししており、自宅周りには娯楽がない環境だなんてことも寂しい理由としてこぼしてくれました。

思いきって一人で街に繰り出してみようとするにもバスや電車で遠出しなきゃいけないとすると、つい二の足を踏むわけで、私のターゲットとしてはうってつけでした(笑)。

メッセージのやり取りで不安を取り除く

ひろみの側にはサイト内でのおしゃべり以上の望みはないようでした。

となると、そうそう出会い系で相手を見つけられているとも思えず、こまめに対応する私に次第にひろみは依存し始めていたようでした。

何を聞いても否定せず、ひろみの不安を取り除くような肯定を投げかけ続けます。

10日もしないうちに、放っておいても向こうから進んでメッセージを送ってくるような関係になっていました。

「休みの日にドライブでも連れてってあげようか?」

いよいよ顔合わせを切り出しました。

いろんな名所を案内して回ってあげよう、ただそう提案しただけでしたが、ひろみは大喜びで食いついてきました。

女子大生【ひろみ】と初デートへ

女子大生出会い系デート

当日。
待ち合わせ場所に現れたひろみは、イメージどおりの良い意味で地味かわいい女の子でした。

ぶかっとした丸首の白Tシャツに、ルーズフィットのジーンズにスニーカー。

流行りの場所などは気後れすると言うので、名所中心の観光ドライブをしてあげました。

地元にはないというファミレスチェーンで晩ごはん。

「初めて入りましたぁ、ごちそうさまでした!」

こちらが心苦しくなるほどはしゃいでもらったあと。

海辺へ行こう、と近くの港へ車を走らせました。

・大型客船。
・立ち並ぶドックヤード。

ひろみにきれいな夜景を見せてあげようと思ったから、というのは半分は嘘。
そこは地元では暗黙に認知されているカーセックススポットだったのです。

他人のエッチ行為を誘い水にする手口ww

車を停めた周辺には、恋人同士と思しきカップルが乗った車が既に何台かいました。

ひろみは、高校時代に付き合っていた彼氏がいたが進学をきっかけに別れてしまったそうです。

「いずれまた新しい彼氏さんと来たらいいよ」

「えー、いつになることやら・・・」

遠目に隣車のカップルを見やりながら会話していたら、その二人がハグをし、熱烈なキスをし始めました。

なんとなく私は目を逸らしましたが、ひろみが無邪気に反応します。

「すごい、わたし人がキスするの初めて見ました・・・」

カップルはなかなか唇を離しません。

どころか、人目も気にせずいささか激しいペッティングに移行。

生々しい光景にひろみも黙り込みます。

性行為 成功(おやじギャグ)

しばらく沈黙があって。

私はひろみの手を握り、指をからめました。

いやがられればすぐお茶を濁して離すつもりでしたが、ひろみは手を取られたままじっとしています。

握ったひろみの掌がしっとり汗ばんできます。。
私はそのまま助手席に座ったひろみに近づき、じっとしたままのひろみを抱きしめ、そっとキスしました。

それでも拒もうとしないのをいいことに、Tシャツの上から若い乳房にも触れてしまいました・・・

出会い系で女子大生とセックス

帰り道。

私はちゃんと同意を得た上でひろみをラブホテルに連れ込み、抱きました

高校時代の彼氏と数回のセックスを経験しただけの幼い肉体をいやらしい前戯で攻め立て、未熟な秘部に剛直を飲み込ませ、何度も絶頂を味わわせてやりました

その後も時々会っています。

年齢差があり過ぎるため、互いに恋愛感情は持ち合わせません。

かといってセフレとも呼べない不思議な感覚です。

ひろみに彼氏ができたり、大学生活が楽しめるようになったら終わりにするつもりです。

↓ ↓ ↓ PCMAX公式 (R-18) ↓ ↓ ↓

PCMAXで女の子を探してみる

deaikei_gosanke